2歳の赤ちゃんの誕生日にご飯を手作り!苦手でもできるコツとは?

子供の誕生日は自宅でお祝いをしたいけど、

ご飯とかケーキとか飾りつけはどうしよう!

と悩むママやパパも

多いのではないでしょうか?

 

 

私自身も、子供の誕生日は

自宅でお祝いをしていますが、

最初は同じように悩みました。

 

やはり自宅の方が

ゆっくり準備もできますし、

気を遣うこともないので、

のびのびお祝いができますよね。

 

 

特に1歳や2歳のころって、

急にぐずってしまうことも多く、

イヤイヤ期に入っていたりすると

タイミングが難しいです!

 

外でお祝いをしようと思っても、

良いタイミングでちゃんと

写真が撮れるのかな…と思いますし、

ご飯を予約したのに

全然食べてくれなかった…

というのは、よくあることです。

 

 

そこで今回は、

自宅で誕生日をお祝いする場合の、

手作りご飯について

ご紹介をしていきます!

 

手作りはしてあげたいけど苦手…

という方に向けて、

簡単に手作りをする方法や

ポイントもご紹介しますね。

是非参考にしてみてください!

 

2歳の赤ちゃんの誕生日を自宅でお祝いしたい!手作りご飯のメニューは?

手作りお子様ランチのメニューは、ハンバーグやエビフライ、国旗を立てたチキンライス、タコ足ウインナー、スパゲッティ、ポテトです。

2歳って、離乳食が完了してから

1年ぐらいたっていて、

子供の食べられるものも

どんどん増えている時期ですよね!

 

そのため、1歳の頃よりも

ご飯が作りやすいので、

2歳の誕生日に

ご飯を手作りするのはおすすめです!

 

 

ここでは、実体験をもとに

メニュー例をご紹介しますね。

 

豪華に見える!お子様ランチ

我が家では朝から写真を撮ったりして、

お昼ご飯の誕生日メニューにしました!

 

娘が混ぜご飯とかエビ、

ハンバーグなどが好きなので、

前々から

お子様ランチを作ろうと思っていて、

メニューはスムーズに決まりました。

 

作ったのは、

ハンバーグ・エビフライ・混ぜご飯・ポテトです!

 

ご飯はドーム型にして旗を立てましたし、

ミニトマトなどの野菜も入れて、

彩りも考えました!

 

 

お皿に子供の好きな物が

たくさんのっていると、

とても喜んでくれますよ!

 

準備は大変だったものの、

作って良かったなと思いました。

 

全部作るのが大変!という方は、

冷凍食品などを上手く取り入れて

作れるものだけを作るのがおすすめです。

 

意外と、お弁当用に売られている、

揚げるだけのものなどが、

サイズ感も良くて使いやすかったりします!

 

パンケーキやサンドイッチ

子供がご飯よりパンが好き!という場合は、

ホットケーキやパンケーキを焼いて

ヨーグルトやフルーツなどで

トッピングしてみてください。

 

好きな具を入れて

小さなサンドイッチを作って、

ピックや旗などをつけておくと、

それだけでも可愛いですよ!

 

ミニハンバーガーのようにするのも

良いですね。

 

メロンパンのような

ドーム型の菓子パンであれば、

ケーキのようにカットして

デコレーションするのも可愛いですし、

子供の好きなパンを使ってあげると喜びます!

 

手巻き寿司やちらし寿司

簡単にできて写真映えするのが、

手巻き寿司とかちらし寿司などです!

 

子供の好きな具材を

入れることもできますし、

お寿司に見立てた具材を使って、

小さな子供寿司を作るのも可愛いです。

 

 

また、ちらし寿司は

透明のグラスなどに入れると、

横から見たときにとても綺麗ですよ!

 

これなら、子供と一緒に作れますし、

家族で楽しみながら食べられますね。

 

手作りしたいけど料理が苦手!簡単にできるコツやアイディア!

手作り料理に星形の型抜きを使います。

子供の誕生日は

ご飯を手作りしてあげたいけど、

器用なことはできないし、

作れる自信がない…

という場合は、簡単に

見栄えよく作っていきましょう!

 

簡単だけど手が込んでいるように見える

コツやアイディアをご紹介しますね。

 

お皿や食器を工夫する!

いつも使っている食器では

代わり映えしないので、

子供が喜ぶキャラクターの食器とか、

可愛い物を誕生日用に

用意してみましょう。

 

 

例えば、お皿やスプーン、

フォークなどが可愛いものだと、

子供も喜んでくれますし、

写真映えもします!

 

お子様プレートなども、

可愛い物がたくさんありますよね。

 

その上に

ちょっとした料理を乗せるだけでも、

いつもよりも見栄えよく

見せることができます!

 

 

我が家でも、誕生日用に

お皿などは用意しましたが、

お皿はまた別の機会でも使えますし、

普段の食卓などでも使えるものなので、

用意しておくのがおすすめです!

 

ピックや飾りつけができるアイテムを活用!

私自身も、100円ショップなどで

ピックや飾り付けが

できそうなキャンドルなど、

いろいろな小物を買って使いました。

 

今では、これって本当に

100円なの?と思えるぐらい、

おしゃれなアイテムも

たくさんありますよ。

 

 

紙のパーティーアイテム

たくさんあるので、

ご飯を食べるときにも使えます。

 

このようなものがあれば、

料理はいつもと変わらなくても、

ちょっと特別感が演出できますよね。

 

キャラクターの型抜きは必須!

料理は苦手だけど

写真映えするものが作りたい場合は、

キャラクターの型抜き

必須とも言えます!

 

我が家にもいくつかありますし、

もちろん誕生日のご飯を

作るときにも使いました。

 

型抜きもいろいろな

サイズ感があるので、

どのように使いたいのかによって

種類やサイズを選んでくださいね。

 

例えば、チーズを型抜きして

お皿に飾るのも可愛いですし、

カラフルな野菜や、ご飯をお皿に

盛るときも型を使うと簡単です!

 

 

手の凝ったことをしていなくても、

簡単に子供が喜ぶご飯が作れますし、

型はお弁当のときとか、

普段の料理にも使えますよね。

 

いくつか持っておくと重宝しますよ!

 

まとめ

子供の誕生日は、家族でゆっくりと

お祝いしてあげたいですよね!

 

ケーキを楽しみにする子も多いですが、

ご飯も同じぐらい、

子供のテンションが上がるポイントです。

 

好きなキャラクターが

たくさん使ってあるご飯だと、

第一印象でとても喜んでくれますし、

親としても頑張って準備して

よかったなと思えますよね。

 

手の凝ったものを作るのは

なかなか難しいので、

冷凍食品も織り交ぜてみたり、

いつもの料理に

飾りつけをしてアレンジしてみたり…

無理なく、

お祝いご飯を作ってみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました