こんにちは。熊野薫です。

今日は何の日かご存じですか?

3月5日で、「産後の日」なんですって!

(もちろん、制定されているわけではないと思いますが^^;)

少し前であれば、産後の日、なんて思いつかなかった人も多かったと思います。

どっちかって言うと、珊瑚の日、のイメージ(笑)

でも、こうしてみんなが、赤ちゃんを産んだママの事を、考える社会になっている。

世の中って凄いなーって思います。

少しずつ、少しずつだけど、世の中の困った!こうだったらいいのに!が表面化し、手をあげ一歩を踏み出す人がいて、回りも変わっていく。

ママやパパ、関わる全ての人のパワーに感謝しきりです。

ちょっと話は変わりますけれど、「介護」って言葉、ご存知ですよね。

あれってね、造語なんですって。

介助+看護=介護

なのだそうです。

数十年前になかった言葉が、今普通に皆さんの耳に届いている。

産後の女性に関する言葉も、もしかしたらこれから、どんどん出てくるかもしれません。

私の夢はね、いつか、日本の産後に、ご自宅にお伺いしてケアをすることが当たり前になること。

そして、その際にお子様をみまもる人が付いているのが当たり前になり。

その先には、保育付き、なんてことをしなくても、地域の誰かが、赤ちゃんを見守ってくれるのが自然になること、なのです。

もちろん、ちょっとしたケアやお話を聞くことを、地域の人ができるようになったら、もっと良いよね。

いつか、今「ない」ものが、当たり前のように「ある」ようになり。

その後、その「ある」物が必要ないくらいまで、社会が「変わる」。

そんなことを目指しながら、これからも進んでいければいいなと思っています。